2017年09月10日

ダンケルク

ナチスドイツの攻撃を受けた30万人の連合国軍兵の
民間人も含めた救出劇を描いた映画。



どうしてこうなってどうしたいのか
ということを勉強した上で観ないと
わかりません。
ダンケルクの港と救出に向かう空軍、
民間人の時間軸がずれているので
こんがらがります。
また主人公はいません。
のでドキュメンタリーと思って
いた方が良いです。マニア向け、かな。
ラベル: 洋画 試写会
posted by ぴよこ虫 at 17:25| Comment(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

告発のとき

軍人一家で育った息子が帰還後、行方不明に。
真相を解き明かしていく父親に信じられない真実が
待っている、そんな映画。

告発のとき.jpg







信じていたことに裏切られたときはショックです。
ミステリーサークルが、実は近所のおっさんが作った
ものだった、というくらいの衝撃です。
主人公は、国にも裏切られ、息子にも裏切られ
ダブルパンチ!
ベトナム戦争と同じで、みんなが知っていることの
裏には隠したい真実が潜んでいるんですね。☆●△

ラベル:映画 DVD 国旗
posted by ぴよこ虫 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

大いなる陰謀

アメリカの対テロ戦争の裏側を政治家、ジャーナリスト、
兵士、大学教授の4つの視点から描き出した映画。

大いなる陰謀.jpg






またまた答えの出ない映画の登場です。
観た人が考えさせられるだけの疲れるものです。
今の時代の問題を語るには良いかもしれませんが、
映画としては面白いものではありませんでした。
戦場に残された兵士が、助かるかどうかで
映画自体のもつ意味が大きく変わるでしょう。
で、この映画では・・・。☆●△

ラベル:映画 DVD 学生
posted by ぴよこ虫 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒューマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
DMM.make DISPLAY VR動画